フランス旅行で憧れのルブタン本店へ

フランス旅行で憧れのルブタン本店へ

女性なら憧れる人は多いルブタンの靴ですが、フランス旅行をした際にパリのギャラリー・ヴェロ・ドダ入口にあるルブタン1号店に行く事ができました。

お店は小さくディスプレイも少なめですが歴史を感じるたたずまいでドキドキしたのを覚えています。

ルブタンは一人ずつ接客をするのでお店の前には行列ができていました。待ち時間は長いと感じましたが、こうして一人一人に時間をかけて接客しているのはお客さんを大切に思っているからこそだと思ったので素敵だと思いました。

店内に飾られている靴は多くはないので、欲しい靴を言うと奥から持ってきてくれてちょっぴりVIP気分が味わえました。

ルブタンの靴は裏地が全て赤くデザインされているレッドソールが有名ですが間近で見た時はとても感動し、黒のハイヒールにレッドソールを見てこれぞルブタンだと興奮を隠せませんでした。

フランスの本店がルブタン初体験だったのですが靴の履き心地は、足にピッタリとフィットする感じで革がとても柔らかく履きやすかったです。

ヒールが15センチとかなり高めのものを選びましたが靴が軽く非常に歩きやすいので、長時間歩いていても疲れを感じる事はありませんでした。ただ靴の幅が全体的に狭いのでゆったりとした靴が好みの方には履きづらいかなと感じました。
シンプルな黒いハイヒールがルブタンで買った初めての靴となり、日本で買うよりも安く素敵なものが購入できたので嬉しく思っています。現在はその靴を購入して3年程経ちますがお気に入りの靴の一つなので今でも大切にしています。